ヒツジブログ

在宅ワーク、暮らし、美容、健康など働くアラフォー女子(おなご)の生態や日々思っていること

グルメ・おいしいもの 主婦業・家のこと

生こうじ(生麹・生糀)を楽天で買いました!手作り味噌、塩こうじ、甘酒に

投稿日:

5年くらい前から、味噌を作っています。
といっても、糀(こうじ、麹)は自分で仕込むわけじゃなくて買ってくるので、
要は豆を煮て混ぜて容器に詰めるだけなんですけど。
こんなんで手づくり味噌とか言ったら昔の人に石を投げられそうな気がする。汗

とはいえ そんな簡単な手順でも、その時々の作り方で出来上がりが違ってきます。
いや、たいていおいしく出来るんですが、柔らかめだったり甘みが強かったりと
色々で、そういうところも自家製味噌の面白いところだと思います。

今回は楽天で生糀(なまこうじ)を買いました。

生こうじ

ゆきのぶのこうじ屋さん(河村こうじ屋)の米こうじです。
河村こうじ屋 手造り米こうじ(生こうじ)
ここのこうじを使うと毎回おいしい味噌ができるので、よくお世話になってます。

最近は塩こうじが流行ったこともあって、田舎のスーパーでもこうじを手に入れやすく
なったのですが、スーパーに売っているのって乾燥こうじなんですよね。
もちろん乾燥こうじでも味噌は作れるんだけども、
乾燥こうじだと豆と合わせた後のかたさ調整(水加減)がなかなか難しいのと、
生こうじの方が活発に発酵してくれそうな感じがするしおいしく出来る気がするので
私はなるべく生こうじで作るようにしています。

今回は1.5kgの米こうじを買って、1kgぶんは味噌に、0.5kgは塩麹と醤油麹に。

金山寺味噌おまけ

オマケで金山寺みそが付いてきました!うれしーい(*´ω`*)
金山寺味噌といえば、もろきゅう。そのままごはんに乗せて食べても美味。
んーでもやっぱキュウリ買ってこようかしらん。

米コウジ

白くふわふわと糀菌が付いているのが見えます。
乾燥こうじでもこれは見られるけど、生こうじのほうがよりフワフワしてます。

大豆を煮る

味噌作りに役に立つのが、10年くらい前に買ったシャトルシェフ。
いろんな料理に使おう!と思って買ったものの、なかなか上手く使いこなせず
今や豆を煮る専用となってしまっていますが、豆を煮るにはほんと便利これ。
最近はシャトルシェフももっとポップな色やかわいいデザイン、
スタイリッシュな形とずいぶん素敵な外観になっているようです。
真空保温調理鍋 シャトルシェフ 4.5L

4.5Lの容量で、大豆1キロ煮ることができます。
いや、もうちょっと行けそうな気もするけど、最初に煮立たせるときのことを考えると
1キロくらいで精一杯かなぁ。

大豆とこうじ、塩の割合によって、いろんなお味噌になりますが
私が作るのは毎回大豆1kg:こうじ1kg:塩0.5kgの非常にスタンダードな味噌です。

みそ玉

豆をやわらかーーーく煮たら、こうじと塩と合わせて団子にして、
容器にボンボン投げ入れる(なるべく空気が入らないようにするため)だけでOK。
容器に向かってめいっぱい投げつけるのがけっこう楽しいです。

今作ったお味噌は夏が終わるころには食べられるようになります。
多分食べ始めるのは1年後くらいだけど。

作ってみると意外と簡単なのにおいしくできるので、おうちで味噌作りおすすめです。
子供ちゃんのいるおうちなら、親子で楽しめそう。食育にもなるしね。
手軽に体験できる「味噌作りキット」も売っているので、
まずは少量から挑戦してみてくださいませ!!

混ぜるだけでとっても簡単⇒手づくり味噌 容器付お試しセット

まずほんのちょっとだけ作ってみたいなら⇒手作り味噌セット(仕上がり約1kg)専用桶付

 

-グルメ・おいしいもの, 主婦業・家のこと
-, ,

Copyright© ヒツジブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.